もどる

 シートから読み込む(その2:応用)
HOMEへ
PRODUCTSへ
LEARNING
LINKへ
LOGO
HeadLine
ORDER FORMへ
Image画像
MailTo:

もどる


(c) Copyright 2005 VBAを基礎から解説 VBA World All rights reserved.
E-Mail:info@vba-world.com

 シートから読み込む (その1:基礎) では、シート上のセルの値をフォーム上のひとつのテキスト・ボックスに読み込むようにプログラムしました。

 ここでは応用として、シート上のセルの値を読み込み、フォーム上のテキスト・ボックス、ラベルに表示するようにプログラムしてみます。
フォーム

 例として次のようなフォームを作成する。ここはシートから読み込む (その1:基礎)と同じ。

オブジェクト名
フォーム Test
テキストボックス(上から) Text1、Text2
ボタン(上から) Button1、Button2


 この上にさらにラベルを配置する。
ラベルの配置

 ツールボックスの [ A ] のアイコンがラベルのアイコンである。




 このアイコンをフォーム上の適当な位置にドラッグ&ドロップする。




 このラベルはプログラムで後から表示する値をセットするので、初期状態では何も表示しないようにする。そのために、フォーム上に配置したラベルを選択状態にしておいて、プロパティ・ウィンドウの [ Caption ] の項目を消去する。




 フォーム上のラベルには何も表示されない状態になる。




 これで、ラベルの設定は完了。


プログラム

 次の内容を、プログラム入力ウィンドウに入力する。



Option Explicit

Private Sub Button1_Click()

 Me.Label1.Caption = Sheets("sheet1").Range("a1")
 Me.Text1.Value = Sheets("sheet1").Range("a2")

End Sub

Private Sub Button2_Click()

 Me.Label1.Caption = Sheets("sheet1").Range("b1")
 Me.Text2.Value = Sheets("sheet1").Range("b2")

End Sub


実行


 上のボタン(処理1)を押すとシート上の値が読み込まれ、
セル A1 の値がフォーム上の Label1 に、セル A2 の値がフォーム上の TextBox1 に
それぞれ表示される。


 さらに、下のボタン(処理2)を押すとート上の値が読み込まれ、
セル B1 の値がフォーム上の Label1 に、セル B2 の値がフォーム上の TextBox2 に
それぞれ表示される。