もどる

 メッセージボックス(関数:MsgBox) その3
HOMEへ
PRODUCTSへ
LEARNING
LINKへ
LOGO
HeadLine
ORDER FORMへ
Image画像
MailTo:
MsgBox の使用法

メッセージボックスにはいろいろな表示方法があります。この表示方法によってオペレータの入力ミスを防いだり、プログラムしやすくなったりします。カッコも良くなります(^_^;) 

ここでは、メッセージボックスの代表的な表示の種類やその方法を記します。いろいろ試してみて、プログラムに合ったものを見つけてください。

関数 MsgBox 使用法 解説
MsgBox の例
例1
表示 MsgBox vbYesNo + vbQuestion
解説
・「はい(Y)」と「いいえ(N)」のボタン
・アイコンは?マーク

プログラム例
Dim intRet As Integer
Dim strMsg As String

strMsg = "終了しますか?"
intRet = MsgBox(strMsg, vbYesNo + vbQuestion, "MsgBox")

If intRet = vbYes Then Unload Me



例2
表示 MsgBox vbYesNoCancel + vbInformation + vbDefaultButton3
解説
・「はい(Y)」、「いいえ(N)」、「キャンセル」のボタン
・アイコンは!マーク
・デフォルトのボタンは「キャンセル」ボタン

プログラム例
Dim intRet As Integer
Dim strMsg1 As String
Dim strMsg2 As String
Dim strMsgX As String

strMsg1 = "VBAでもっと快適に、もっと楽しく"
strMsg2 = "MsgBox"
intRet = MsgBox(strMsg1, _
     vbYesNoCancel + vbInformation + vbDefaultButton3, strMsg2)

If intRet = vbYes Then strMsgX = "「はい(Y)」ボタンを押しましたね"
If intRet = vbNo Then strMsgX = "「いいえ(N)」ボタンを押しましたね"
If intRet = vbCancel Then strMsgX = "「キャンセル」ボタンを押しましたね"

MsgBox strMsgX



例3
表示 MsgBox vbAbortRetryIgnore + vbCritical + vbDefaultButton2
解説
・「中止(A)」、「再試行(R)」、「無視(I)」のボタン
・アイコンは X マーク
・デフォルトのボタンは「再試行(R)」ボタン

プログラム例
Dim intRet As Integer
Dim strMsg1 As String
Dim strMsg2 As String
Dim strMsgX As String

strMsg1 = "入力エラーです。"
strMsg2 = "エラー発生!!"
intRet = MsgBox(strMsg1, _
    vbAbortRetryIgnore + vbCritical + vbDefaultButton2, strMsg2)

If intRet = vbAbort Then strMsgX = "「中止(A)」ボタンを押しましたね"
If intRet = vbRetry Then strMsgX = "「再試行(R)」ボタンを押しましたね"
If intRet = vbIgnore Then strMsgX = "「無視(I)」ボタンを押しましたね"

MsgBox strMsgX



もどる


VBA World
E-Mail:info@vba-world.com