もどる

 イミディエイト・ウィンドウでデバッグ
HOMEへ
PRODUCTSへ
LEARNING
LINKへ
LOGO
HeadLine
ORDER FORMへ
Image画像
MailTo:

もどる


(c) Copyright 2005 VBAを基礎から解説 VBA World All rights reserved.
E-Mail:info@vba-world.com

 実際に Debug.Print をどのようにプログラム中に入れて、イミディエイト・ウィンドウに変数の値を表示させるのかを説明します。
 Debug.Print の挿入

 プログラム中で変数の値を確認したい部分に Debug.Print を使って値を表示する行を挿入する。次の例では、変数 i の値の変化を知りたい、と想定している。赤下線部分のように Debug.Print を入れる。



もどる
 イミディエイト・ウィンドウの表示

 VBE の [表示] メニューの [ イミディエイト ウィンドウ] を選択してイミディエイト・ウィンドウを表示する。または、Ctrl + G でも OK。




 イミディエイト・ウィンドウが表示される。




 このウィンドウに Debug.Print で表示するようにプログラムした変数が表示される。

もどる
 実行してみる

 ここまでの設定、プログラミングしたものを実行すると、次のようにイミディエイト・ウィンドウに表示される。



もどる
 イミディエイト・ウィンドウの内容をクリアする

 イミディエイト・ウィンドウの表示がいっぱいになると、どこからどこまでが今実行した分かが分からなくなる。そんな時にはイミディエイト・ウィンドウの表示をクリアすると良い。

 イミディエイト・ウィンドウを選択状態にして Ctrl+A を押す(イミディエイト・ウィンドウ内のを全選択する)。




 この状態で Delete キーを押す。イミディエイト・ウィンドウ内の表示がクリアされる。