もどる

 ファイル番号取得(関数:FrellFlie)
HOMEへ
PRODUCTSへ
LEARNING
LINKへ
LOGO
HeadLine
ORDER FORMへ
Image画像
MailTo:

もどる


(c) Copyright 2005 VBAを基礎から解説 VBA World All rights reserved.
E-Mail:info@vba-world.com
VBAではファイルの操作に「ファイル番号」を使用します。このファイル番号はプログラマが管理しても良いのですが、プログラム中でどのファイルを開いているのかが分からなくなるような場合を考え、ファイル番号の取得に FreeFile関数 を使用することを推奨します。
構文解説

ファイル番号は FreeFile関数を使用して取得する。


FileNumber1 = FreeFile
FileNumber2 = FreeFile
Open PathName1 For Input As FileNumber1
Open PathName2 For Output As FileNumber2
  :
  :
Close FileNumber1
Close FileNumber2

上の例では、FreeFile 関数を使用しファイル番号を取得、そのファイル番号で2つのファイルを インプット用(読み込み用)、アウトプット用(書き出し用)にオープンしている。
処理が終わったら Closeステートメント でファイルをクローズしている。