もどる

 表示のフォーマット(関数:Format) その1
HOMEへ
PRODUCTSへ
LEARNING
LINKへ
LOGO
HeadLine
ORDER FORMへ
Image画像
MailTo:
フォーム上のテキストボックスに数値データを入力した時、桁数が多いと入力ミス、読み間違いが生じます。 こんな時、入力した数値データをカンマ区切りで表示できると、後の確認が容易です。 ( 100000 よりも 100,000 の方が読みやすい。)
テキストボックスからカーソルが出た(フォーカスが移動した)時、そのテキストボックスにカンマ区切りの数値を表示するようにします。
以下のようなテキストボックス、コマンドボタンを配置したフォームを想定する。
カンマ区切りの数値を表示
Option Explicit


Private Sub TextBox1_Exit(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)

 Me.TextBox1.Value = Format(Me.TextBox1, "#,###")

End Sub


Private Sub CommandButton1_Click()

 Unload Me

End Sub
次のようにプログラムする。
テキストボックスに数値を入力した後、TABキーを押すとフォーマットされた値が表示される。
Tops
テキストボックスのプロパティ「1 - fmTextAlignLeft」を「3 - fmTextAlignRight」に設定するともっと見やすくなる。



もどる


VBA World
E-Mail:info@vba-world.com