HOMEへ
PRODUCTSへ
LEARNING
LINKへ
LOGO
HeadLine
Image画像
MailTo:
 イベントにはたくさんの種類があります。その中で、例えばテキストボックスに関するイベントは次の種類があります。
  • AfterUpdate
  • BeforeUpdate
  • Change
  • Exit
 これらは、テキストボックスをどのように処理するかによって発生タイミングが違います。どのように使い分けていくかによって、フォームの使いやすさが変わってきます。以下の方法で、イベントの発生順を確認して、プログラムに役立ててください。


■イベント発生順の確認

フォームを作成し、テキストボックスを配置する。

イベント発生順


プログラムウィンドウに入力する。

Private Sub TextBox1_AfterUpdate()
 MsgBox "AfterUpdate"
End Sub

Private Sub TextBox1_BeforeUpdate(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)
 MsgBox "BeforeUpdate"
End Sub

Private Sub TextBox1_Change()
 MsgBox "Change"
End Sub

Private Sub TextBox1_Exit(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)
 MsgBox "Exit"
End Sub


実行して
  • TextBox1 に何か入力する.
  • [TAB]キーで TextBox1 からカーソルを出す.
などの処理を行うと、各イベントに対してメッセージボックスが表示される。


TextBox1 に何も入力しない場合も[TAB]キーを押せばメッセージボックスが表示される。







TIPS
上記したイベントの BeforeUpdate、Exit には引数に Cancel がある。

BeforeUpdate(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)
Exit(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)

この Cancel を使うことによって、発生したイベントをキャンセルすることが出来る。
詳細は ここ



ORDER FORMへ
もどる

 イベントの発生順

もどる


VBA World
E-Mail:info@vba-world.com