もどる

 コントロールの表示方法
HOMEへ
PRODUCTSへ
LEARNING
LINKへ
LOGO
HeadLine
ORDER FORMへ
Image画像
MailTo:

もどる


(c) Copyright 2005 VBAを基礎から解説 VBA World All rights reserved.
E-Mail:info@vba-world.com

 フォーム上にテキストボックスを配置すると、デフォルトでは次のように表示されます。(設定によっては異なる場合があります。)



 しかし、この表示だけでは表現上の制限が出てきてしまいます。

 そこで、これらフォーム上のコントロールの設定を変更して、表示方法を変更し、バラエティに富んだ表示方法を紹介します。
 表示方法の変更

 コントロールの表示方法を変えるには、表示を変更したいコントロールを選択状態にしてプロパティ・ウィンドウを表示させる。その中の「 SpecialEffect 」の項目を変更する。




 ラベル、テキストボックスの表示は下の図のように変更可能である。




 上から順に
  ・ 0 - fmSpecialEffectFlat
  ・ 1 - fmSpecialEffectRaised
  ・ 2 - fmSpecialEffectSunken
  ・ 3 - fmSpecialEffectEtched
  ・ 4 - fmSpecialEffectBump
と設定している。
 参考

●テキストボックスの場合

 テキストボックスとして使用するのはおそらく 「 1 - fmSpecialEffectRaised 」を除いた4種類と考えられる。 (フォームのデザインによっては 1 - fmSpecialEffectRaised もありと思うが…)

 特に、フォーム上にスペースがあまりない場合には、
「 0 - fmSpecialEffectFlat 」
「 3 - fmSpecialEffectEtched 」
あたりにするのが良いと考えられる。
( 1 - fmSpecialEffectRaised や 2 - fmSpecialEffectSunken は影の部分がある分スペースをとられる。)


●ラベルの場合

 ラベルもテキストボックスと同様に捉えてよいと考える。


●他のコントロールの場合

 これらの表示方法の変更はラベル、テキストボックス以外のコントロールにも適応可能なので(適応できるEffect に種類があるが)、コントロールをフォームに配置の際に確認していただきたい。