もどる

 コンボ・ボックス(ComboBox)
HOMEへ
PRODUCTSへ
LEARNING
LINKへ
LOGO
HeadLine
ORDER FORMへ
Image画像
MailTo:

もどる


(c) Copyright 2005 VBAを基礎から解説 VBA World All rights reserved.
E-Mail:info@vba-world.com
ユーザーフォームを使って定型のデータを入力する場合、有効なのがコンボ・ボックス(ComboBox)です。コンボ・ボックスはWindowsアプリケーションで良く見る、いわゆる『プルダウン・メニュー』と呼ばれるものです。
このコンボ・ボックスを使用するとバラバラになりがちな入力データを定型にすることができ、Excelワークシート上のセルに書き出した場合、検索する場合に非常に有効になります。

ここでは、コンボ・ボックスに表示するデータを設定する方法を紹介します。これらを使い分けることによって、効率的にプログラミングすることができます。
0.コンボ・ボックスの配置準備

コンボ・ボックスを配置するユーザーフォームを作成する。
  1. Visual Basic Editor(VBE) の起動
  2. フォームの作成

1.コンボ・ボックスの値の設定方法 その1

「ツールボックス」の [ コンボ ボックス] アイコンをフォーム上にドラッグ&ドロップ。


配置したコンボ・ボックスを選択状態にして、「プロパティ・ボックス」の[ RowSource ]の値を
『 A1:A10 』に設定。


ワークシートのA1〜A10セルに値を入力。


フォームを実行する( F5キーを押す )と、配置したコンボ・ボックスに ワークシート上の値が表示される。



2.コンボ・ボックスの値の設定方法 その2

「1.コンボ・ボックスの値の設定方法 その1」で、フォーム上にコンボ・ボックスをドラッグ&ドロップ。

プログラム入力ウィンドウ(コード・ウィンドウ)を表示。


       ↓



コード・ウィンドウに次のプログラムを入力。

 Option Explicit

 Private Sub UserForm_Initialize()

  Me.ComboBox1.RowSource = "Sheet1!b1:b5"

 End Sub


ワークシートのA1〜A10セルに値を入力。


フォームを実行する( F5キーを押す )と、配置したコンボ・ボックスに ワークシート上の値が表示される。