もどる

 自動起動
HOMEへ
PRODUCTSへ
LEARNING
LINKへ
LOGO
HeadLine
ORDER FORMへ
Image画像
MailTo:

もどる


(c) Copyright 2005 VBAを基礎から解説 VBA World All rights reserved.
E-Mail:info@vba-world.com
フォームを使ったプログラムを実行する場合、通常に Excelや Wordを開いてからフォームを実行する、という操作が面倒です。
そこで、ExcelのWorkBookや WordのDocumentを開くと同時にフォームが起動するようにプログラムしてやると非常に便利です。
ここでは、上記したような自動起動の方法を紹介します。
フォームの作成

自動起動したいフォームを作成する。
ここでは、例としてフォーム上には何も配置しないフォームを用意する。
(Excel、Wlrd共通)
プログラム・コード

プログラムを次のとおり記述する。

プログラムを記述するのは Workbook に対するイベント・プロシージャになる。

1.プロジェクトウィンドウの[ThisWorkbook]、または[ThisDocument]をダブルクリック。

  Excelの場合


  Wordの場合



2.プログラムウィンドウが表示される。


3.次のように操作してイベント・プロシージャ Workbook_Open を作成する。

       ↓


4.Workbook_Open に UserForm1.Show と入力する。
実行する

上記プログラミング後、Excelの Workbook、Wordの Documentを保存し、終了する。

その後、Workbook、Documentをダブルクリックで開くと、すぐにフォームが表示される。